講談社は転職してくる人が多い?

講談社は、創業100年を超える歴史のある出版社です。
転職を希望してくる人も多くいて、新しいビジネスをクリエイトできる人材が求められているのです。
そして、講談社は離職者があまりいなく、新卒入社や転職してくる人が多いという特徴があります。
ですから、もともと中途採用を歓迎する文化があり、途中からというハンデを感じることはあまりないと言えるでしょう。
銀行勤めをしていた人や、フリーターをしていた人なども活躍しているのです。
そして、その部署の出版物で読んだことのあるものと、その感想や、やりたい企画などを具体的に質問されるケースもあるのです。
ほかにも、配属が希望通りではなかったらどうするかといったことも聞かれることがあるようです。