ローンの一本化の注意点の真相って?

何件もの金融業者から借り入れがあると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されており貸付金額は元金の範囲内となります。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますので優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

参考:ローン一本化注意点は?審査通らない?【利用限度額ある?】

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが申込時に収入証明書が必要になります複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。